太閤橋

駅から温泉街向かって最初に見える大きな橋

観る・遊ぶ

神戸電鉄の有馬温泉駅から温泉街に向かって少し歩くと最初に見える赤い格子が目印の大きな橋が太閤橋です。

川の欄干の一方には、豊臣家の家紋になる五七の桐が、反対側には豊臣秀吉の旗印である千成瓢箪が刻まれています。

太閤橋とねね橋の間には有馬川に降りられる階段があり、一帯は有馬川親水公園と呼ばれています。

施設写真

最終更新日: 2015年7月16日

このページは記載施設の管理者が運営するページではありません。料金や営業時間などの情報については可能な限り正確性に配慮しておりますが、それを保証するものではございません。ご利用の際は必ず各施設にご確認ください。

ページトップ