茶房 堂加亭

2012年1月1日に湯本坂にオープンした古民家を改装したお洒落なカフェ

食べる・飲む

茶房 堂加亭は、2012年1月1日に湯本坂にオープンした古民家を改装したお洒落なカフェです。

店主の豊田氏は2011年末までポルトガルのリスボンで活動したガラス作家&料理人とのことで、日本にいながらにしてポルトガルの雰囲気を感じることができるメニューが揃っています。

兵庫県三田市名産の母子茶(もうしちゃ)や高知(または徳島)産生姜を使用した自家製ジンジャーエール、瀬戸内産レモンと季節の柑橘で作る自家製黒糖レモネードなど、飲み物にもこだわりがみられるカフェです。

施設写真

最終更新日: 2015年7月12日

このページは記載施設の管理者が運営するページではありません。料金や営業時間などの情報については可能な限り正確性に配慮しておりますが、それを保証するものではございません。ご利用の際は必ず各施設にご確認ください。

ページトップ