善福寺

樹齢270年以上の「糸桜」が有名な阪急バス案内所の向かいにある曹洞宗の禅寺

観る・遊ぶ

阪急バス有馬案内所の向かいの石段を登ると善福寺があります。

善福寺は奈良時代に行基菩薩が開基し、仁西上人が再興したと言われ、温泉寺から分かれて、現在は曹洞宗の禅寺となっています。

境内には樹齢270年を超える一重の枝垂しだ桜が4本あり、「糸桜」いとざくらと呼ばれています。糸桜は「神戸市民の木」に指定され、有馬の花見のスポットとして多くの観光客が訪れます。

また、桜の季節の夜間にはライトアップされ、お茶とお菓子を頂きながら桜と有馬芸妓衆の踊りを愉しむ「夜桜茶会」も行われます。

本堂に安置されている木造聖徳太子像は鎌倉時代中期の作品として国の重要文化財にも指定されています。

施設写真

最終更新日: 2016年4月13日

このページは記載施設の管理者が運営するページではありません。料金や営業時間などの情報については可能な限り正確性に配慮しておりますが、それを保証するものではございません。ご利用の際は必ず各施設にご確認ください。

ページトップ