有馬のお土産 炭酸せんべい食べ比べ!

おすすめ お土産レポート

泉堂

昭和28年三津森本舗より独立し創業
昭和39年から他店に先駆けて製造を開始したクリームサンド炭酸せんべい「タンサンクーベル」が有名

金の湯のそばに店舗、湯本坂を上り、銀の湯の通りとぶつかる所に製造直売所があります。

こちらは製造所

泉堂本店 製造所

お店のご主人と数名の女性が作業中
「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねた所、快諾していただけたのでパチリ

右奥に見えるのがせんべいを焼く機械です。泉堂のせんべいは機械焼きです。

泉堂本店 製造所内

製造所へ行く前、店舗へ行ったら閉まっていたため「休日に開店してないということはまさか倒産しちゃったの?!」と思ったのですが、奥様が一人で店番をしているため、食事等で不在になる際は一時的に店を閉めているとご主人が教えてくださいました。

とんだ勘違い(笑)

その後、店舗に行くと開いていました。

泉堂本店

泉堂のせんべいに一番に感じたのは口の中にほんのりと広がる塩味です。

試食の際、奥様に「他店と比べてあっさりしていて塩気がありますね」と感想を伝えた所
「私は他のを食べたことがないのでわからないけど、皆さんそうおっしゃいますねぇ」とのこと

泉堂本店の炭酸せんべいとタンサンクーベル

そして、泉堂と言えばやはり「タンサンクーベル」は外せません。

クリームの種類はしょうが・オレンジ・コーヒーの3種。私が買ったのはしょうがクリーム

甘さ控えめのクリームでほんのり生姜の風味。最初は「ちょっとクセがあるかな」と思ったのですが、これがまた食べれば食べるほどやみつきになる味でしてハマってしまいました。

左がタンサンクーベル、右が炭酸せんべい

泉堂本店の炭酸せんべいとタンサンクーベル

余談ですが、奥様に「タンサンクーベルという名前には何か由来があるのですか?」と聞いてみました。

「いや~何でしょうねぇ・・・昔からこの名前ですからねぇ」としばらく考え込まれ

「ゴーフルを意識したのかしらねぇ」

とご存じない様子。

この疑問は次回有馬へ行く際に製造所のご主人にぶつけてみようと思います。
とても自然体で好感のもてるご主人と奥様。これも泉堂の隠れた魅力かもしれません。

次のページ: 平野屋本舗

14
ページトップ