有馬のお土産 炭酸せんべい食べ比べ!

おすすめ お土産レポート

有馬温泉土産の定番菓子と言えば「炭酸せんべい」

炭酸せんべいの元祖、三津森本舗の創業者三津繁松氏が有馬の炭酸泉を利用して明治時代に考案、販売を行ったのが始まりと言われています。

添加物は使わず、小麦粉、砂糖、でんぷん、塩等の材料を炭酸水で練り、薄く焼きあげたシンプルなせんべい

サクサクとした歯ごたえとほのかな甘みを持った素朴な味で、製造当初は赤ちゃんのお菓子や病後の老人食として食べられていたそうですが、今や老若男女に愛され有馬温泉を代表する銘菓となりました。

炭酸せんべい

さて、有馬温泉の至る所で販売されている炭酸せんべい

どれを買っても同じ味だと思っていませんか?
メーカーによって違いがあることをご存知ですか?

今回は代表的な5社(三ツ森、湯の花堂本舗、泉堂、平野屋本舗、有馬せんべい本舗)の炭酸せんべいの特色と食べ比べレポートをご紹介します!

購入した炭酸せんべい。包装されているとこんな感じ

各社炭酸せんべい

缶にもオリジナリティがありますね

炭酸せんべい5社の缶

次のページ: 三ツ森

14
ページトップ