有馬名物「松茸昆布」「有馬山椒」の佃煮

お土産レポート

本日はホカホカご飯のお供にぴったりの松茸昆布有馬山椒を使った佃煮をご紹介します。有馬土産におすすめの逸品です。

川上商店

湯本坂にある川上商店は佃煮の老舗。歴史を感じさせる外観が印象的なお店です。室町時代後期にご先祖様が周辺の山々で採れる山椒、やまぶき、松茸などを湯治客に提供し始めたと言われています。

川上商店 外観

川上商店 外観

外には人気の松茸昆布の商品がディスプレイされています。

川上商店のショーウィンドウ

川上商店のショーウィンドウ

店内には有馬名物「松茸昆布」「山椒昆布」「ちりめん山椒」「辛皮からか昆布」など、たくさんの種類の佃煮が販売されており、商品の多くが試食可能です。

店内には様々な佃煮が並びます

店内には様々な佃煮が並びます

試食して気に入った「新 松茸昆布」と「花山椒」を購入しました。

新 松茸昆布

生松茸と北海道・尾札部産の天然昆布を炊き上げたものです。松茸昆布には辛口と甘口がありますが、その年に採れた生松茸を使った「新 松茸昆布」は甘口に近いお味です。

川上商店の松茸昆布

川上商店の松茸昆布

ホカホカご飯のうえに松茸昆布をのせて

ホカホカご飯のうえに松茸昆布をのせて

松茸のシャキシャキ感と厚みがある昆布のモチモチ感の相性が絶妙です!甘めの味付けも私好み。美味しくてご飯がすすみました!これならお茶碗何杯でも食べれそうです。

花山椒

有馬で採れる山椒の花、実、木の皮(辛皮からか)を使った佃煮は有馬ならではの逸品です。店の外には「花山椒」「実山椒」「辛皮昆布」の説明が下記のように紹介されていました。

有馬山椒の佃煮に関する説明

有馬山椒の佃煮に関する説明

  • 花山椒
    山椒は4月下旬2,3日だけ黄色の花をつけます。その花を若葉とともに丁寧に摘み取り炊き上げた佃煮の芸術品とも称される逸品です。
  • 実山椒
    山椒は6月、実を結びます。若採りの実をふっくらと炊き上げました。有馬周辺で採れる実山椒は昔から有馬山椒の名で知られる名品です。
  • 辛皮からか昆布
    辛皮(からか)とは山椒の木の皮の事、食通の間では秘伝的に食されていたものです。痺れる様な辛味は山椒の辛さの源でもあります。
川上商店の花山椒

川上商店の花山椒

山椒の独特の香りが食欲をそそります。こちらも炊き立てのホカホカご飯とともにいただきました。

ホカホカご飯のうえに花山椒をのせて

ホカホカご飯のうえに花山椒をのせて

店員さんに「辛いので少しずつ食べてくださいね」と言われたにもかかわらず、美味しくてたくさん食べたら舌がピリピリと痺れました。辛いけど癖になるお味です。

どちらも大満足のお味!リピーター決定です。

大黒屋

大黒屋は湯本坂の入口に店を構える川上商店と並ぶ佃煮の老舗です。砂糖、化学調味料は不使用、保存料も極力控えたこだわりの佃煮が販売されています。旅館・ホテルの売店では販売されておらず、ここのみで販売しているそうです。

大黒屋 外観

大黒屋 外観

今回は残念ながら大黒屋の佃煮を購入しなかったので、次回購入して食べ比べてみようと思います。

有馬伝統の味はお土産としてだけではなく、贈答品としても喜ばれることでしょう。ぜひ一度、皆さんもご賞味ください。有馬温泉には美味しいものがたくさんありますね!

14
ページトップ