子どもだけでなく大人も楽しめる有馬玩具博物館

体験レポート

金の湯の向かいに有馬玩具博物館があります。約4000点のおもちゃ展示や工作教室など、ちょっぴり退屈しちゃったお子さんを楽しませるのにうってつけの場所です。各フロアごとにテーマがあり、スタッフが展示作品について説明してくれる「おもちゃガイド」の時間もありますので、詳しく知りたい人は時間にあわせて展示を見てはいかがでしょうか。

有馬玩具博物館 外観

こちらが入口
1Fにてチケットを購入後、エレベーターで6Fに昇りましょう。

有馬玩具博物館 入口

6F ドイツの伝統的なおもちゃフロア

ドイツ東部・エルツ地方で長年培われたマイスターの技が光る「伝統的なおもちゃ」が展示されています。

ドイツの伝統的なおもちゃフロア

大きなクルミ割り人形からマッチ箱に収まるようなミニチュアおもちゃまで、職人技の見事な細工に目を奪われます。どれを見ても「かわいい」おもちゃがたくさん!!

ドイツの伝統的なおもちゃフロア

5F 現代のおもちゃフロア

ヨーロッパの木のおもちゃで遊べるプレイスペースがあり、子供たちが楽しく遊んでいました。子供たちが大好きな電車や積み木だけでなく頭を使う知育玩具もあり、これには意外にも大人が夢中になっていました。

現代のおもちゃフロア

4F 現代のからくり・オートマタ

ユーモラスな動きを見せてくれるからくりおもちゃが展示されています。ボタンを押したり、ハンドルを回して楽しみましょう!(このフロアの写真を撮っていませんでした。ごめんなさい!)

3F ブリキのおもちゃと鉄道模型

ご年配の方には懐かしいブリキのおもちゃとドイツ・メルクリン社の鉄道模型が展示されています。

ブリキのおもちゃと鉄道模型

メルクリンHOゲージの鉄道模型が1/87で作られたドイツの街のジオラマを走り抜ける姿は鉄道好きにはたまらないこと間違いなし!

ブリキのおもちゃと鉄道模型

入館チケットを購入すれば当日中なら何度でも入館できますので、観光や温泉巡りの合間にお子さんの休憩スペースとして利用するのも良いですね。ゆっくりおもちゃを見た後は、2Fのレストラン「有馬食堂」でのランチがおすすめですよ。

15
ページトップ