室町時代から続く伝統の技 有馬人形筆

お土産レポート

有馬人形筆の由来

色鮮やかな絹糸が幾重にも重なり、美しい模様が施された筆軸。筆を立てると何とも愛らしい豆人形がひょこっと顔を出し、筆を寝かせると隠れてしまう独特のからくり。

有馬土産として有名な有馬人形筆は、その美しさと愛らしさで見る人の心を和ませてくれるもので、兵庫県の伝統工芸品にも指定されている逸品です。

有馬人形筆

さて、有馬ではなぜこのような人形筆が作られるようになったのでしょうか?

有馬人形筆に興味をお持ちの方に立ち寄っていただきたい場所があります。それは、念仏寺横に建つ建物の1F、有馬温泉の歴史や文化を紹介する有馬の工房です。

多目的ホールには有馬人形筆を紹介する展示スペースがあり、由来については以下のような説明が記載されています。

有馬の人形筆の起源は、室町時代であるといわれています。奈良時代の孝徳天皇は、お妃の宝皇女に御子がないことを嘆かれておりました。ところが、有馬温泉に逗留されたところ間もなくご懐妊され、お生まれになられたのが、有間皇子であると記されています。

こうしたエピソードからヒントを得て、1559年(永禄2年)に神戸の人形師、伊助が人形筆を考案したとされています。筆を持って書こうとすると可愛い人形が飛び出し、筆立てに納めようとすると筆の中に隠れてしまいます。

また、この筆の軸は日本刺繍に使う細い絹糸を何重にも巻いた美しい模様が特徴です。その模様は多重におよび、習字上達祈願や子宝授与の縁起物として、有馬の土産物として喜ばれています。

有馬の工房 展示パネルより

由来の他、歴史、製作工程などの詳細が現物や写真と共にわかりやすく展示されています。

有馬の工房 有馬人形筆

有馬人形筆への理解を深めるのに大変役立ちますので、こちらの見学はおすすめです。なお、見学は無料です。

灰吹屋 西田筆店

大正時代には4~5軒あった有馬人形筆の店も現在では1軒となりました。日本で唯一、有馬人形筆を製作しているのが灰吹屋 西田筆店です。

有馬人形筆 灰吹屋西田筆店

店に入ると、奥の作業場には多くのメディアで紹介された西田光子さんがいらっしゃいました。

匠の技が見れるかも!と期待しましたが、ご高齢のため残念ながら筆作りは引退され、今は簡単なお手伝いをされているそうです。

有馬人形筆 灰吹屋西田筆店

台の上には色とりどりの美しい筆が並んでいます。

艶やかな絹糸が幾重にも巻かれ、美しい模様は目にも鮮やか!
1本1本に心を込めて製作されたであろう職人さんの丁寧な仕事ぶりが見て取れます。

有馬人形筆 灰吹屋西田筆店

ワクワクしながらどの筆を買おうかと家族で品定めをしていたら、お店の方が説明してくださいました。

有馬人形筆の基本模様は

市松
青海波
うろこ
矢がすり

の4種類があり、青海波はおめでたいお祝いの時に、うろこは魔除けとして珍重されているそうです。
西田筆店のホームページには詳しく説明があります。模様の詳細はこちらをご覧ください。

「基本の模様を元に、色の組み合わせや模様の組み合わせを変えるだけで無限に作れるんですよ」

と、お話が続きます。

色鮮やかで艶やかな糸は日本刺繍の絹糸で全部で15~16色あり、京都の西陣でこの人形筆のためだけに染めてもらう特別な糸。見本の糸を触ってみるとつるりとして柔らかい手触りです。この細い糸を丁寧に緻密に巻いていくのですから根気のいる作業ですね。

昔は一人で全ての工程をこなし筆を作り上げていたそうですが、現在は光子さんの息子さん夫婦を中心に5~6人の分業で作っているそうです。

有馬人形筆 灰吹屋西田筆店

説明を受けたうえで再度品定め。

子供が最初に紫を多用した筆を選んだ所、

「最近は子供さんに紫が人気で、作ってもすぐなくなるんですよ」

とのこと。子供達には紫が人気色のようです。

優柔不断な子供に「どの模様が好き?」「何色が好き?」「人形のお顔も少しずつ違うんだよ」と上手に好みを聞いて筆選びを手伝ってくださいました。

最終的に購入したのはこの2種類

有馬人形筆

私は2本セットの桐箱入り6,480円(税込)
一目ぼれした黄色の筆からはお姫様の人形が顔を出します。人形はお殿様バージョンもありますのでお好みで選ぶことができますよ。

子供は赤をベースに橙色や黄色もあしらわれた紙箱入りの筆2,430円(税込)にしました。

有馬人形筆

商品を購入して店を出る時、作業場から西田光子さんが子供にやさしく手を振り、とても暖かい笑顔で見送ってくださいました。

何十年も有馬人形筆の伝統を守ってこられた光子さん、これからも元気に過ごして有馬人形筆を支えていただきたいと心から願わずにはいられません。

有馬へお出かけの際には、ぜひお土産やご贈答にお買い求めになってはいかがでしょうか。

室町時代から続く伝統の技に触れ、筆の製作に携わる方と筆談義をしながらの購入はきっと思い出に残ることでしょう。

灰吹屋西田筆店ホームページ

14
ページトップ