有馬温泉のイベント

1月2日: 入初式

毎年1月2日に行われる温泉に感謝する儀式。

朝10時に神官、僧侶、旅館の主人、有馬芸妓の分する湯女ゆななどの練行列が温泉寺より出発し、会場である有馬小学校へ向かいます。

入初式では、お囃子に合わせて湯女が初湯をもんで適温に冷ます「湯もみ」や行基菩薩、仁西上人の像に初湯で沐浴もくよくする灌仏かんぶつの儀」、芸妓衆の踊りなどが披露され、温泉の反映を祈ります。

入初式の後に太閤通りで行われる「戻せ返せ」の儀式では、入初式が終わって変える輿に、湯女が「戻せ、返せ」となごりを惜しみ呼びかけると、輿が数十メートルを行きつ戻りつします。

「戻せ返せ」は、このイベントの最大の目玉で太閤通りには新年から多くの観光客が集まります。

湯もみの儀式

湯もみの儀式

4月: 有馬さくらまつり

4月の上旬〜中旬の桜が満開の頃の日曜日に有馬川親水公園で行われるお祭り。

音楽ライブやパフォーマンス、芸妓衆の踊りなどが特設ステージで行われます。また、ステージの周りには露店も出展される有馬温泉春の一大イベントです。

ねね橋の周りも観光客がびっしり!

ねね橋の周りも観光客がびっしり!

6月: 沙羅の花と一弦琴の鑑賞会

念仏寺の庭にナツツバキ(沙羅)が盛りとなる6月中旬の2日間に、一弦琴の演奏とともに鑑賞会が行われます。

沙羅の花と一絃琴の鑑賞会 一絃琴

沙羅の花と一絃琴の鑑賞会 一絃琴

7月: 有馬・太閤ひょうたんまつり

太閤秀吉の馬印にちなんで、7月にひょうたんコンテストが開催されます。

会場の有馬の工房には、様々に装飾されたひょうたんが陳列されます。

有馬・太閤ひょうたんまつり

有馬・太閤ひょうたんまつり

7〜8月: 有馬涼風川座敷

夏休みの期間に合わせて、有馬川親水公園には飲食が楽しめる川座敷が設置されます。

周りでは、毎晩賑やかに踊りや音楽などのパフォーマンスのイベントや露天などが出展され、多くの観光客を楽しませます。

有馬涼風川座敷

有馬涼風川座敷

11月2・3日: 有馬大茶会

太閤秀吉と千利休が有馬でたびたび茶会を催したことに由来し、毎年11月の2日と3日の両日に有馬大茶会が開催されます。

善福寺「奉茶式」のほか、紅葉で彩られた瑞宝寺公園では「野点」が行われます。また、寺院や旅館でも茶席が設けられ、有馬温泉の秋の風物詩となっています。

紅葉が美しい瑞宝寺公園野点席

紅葉が美しい瑞宝寺公園野点席

ページトップ